ロングスリーパーとバストアップの関係とは?

人それぞれ自分に合っている睡眠時間は異なります。だいたい日本人の平均的な睡眠時間は1日に6〜7時間程度です。それに対し、睡眠研究の分野では1日に4時間以下の睡眠時間でも元気な人をショートスリーパー、1日9時間以上は寝ないと元気に活動できない人をロングスリーパーと呼ぶそうです。

 

人それぞれ最適な睡眠時間が異なるのは遺伝の関係もありますが、その方の生活習慣も影響しているそうです。長時間寝ているから人間的にダメとかそういうことは全くありませんが、ロングスリーパーの方はバストアップにはちょっと不利かもしれません。もしあなたがロングスリーパーという自覚があるなら、少しずつ体質を改善する努力も必要です。

 

眠くて眠くて仕方がないというようなとき、睡眠を司るホルモン物質であるメラトニンが分泌されています。ロングスリーパーの方はこのメラトニンの分泌量が他人よりも多いと考えられますね。でもこのメラトニンは女性ホルモンの活動を抑制するという作用を持つことでも知られます。そのため、ロングスリーパーはバストアップに不利だと考えられるのです。寝る子は育つなんて言いますが、バストアップ的にはちょっと逆かも知れません。

 

ですから、もしあなたがロングスリーパーであるなら少しずつ体質を改善してみてはどうでしょうか?例えば、今平均して毎日10時間寝ているなら、それを9時間に減らす努力をしてみる。もしどうしても無理であったら元通りにすればいいだけですしね。

 

先天的にロングスリーパーという場合は仕方ないですが、夜寝る直前までTVやケータイをいじっている方は睡眠の質が低くなりがちです。その質の低さをカバーするために、たくさん睡眠時間をとらなければならなくなっていることもあります。こうした睡眠の知識を持つこともバストアップでは意外と大切!少しずつ知識をつけていきましょう。

関連ページ

胃腸の調子を整えてバストアップ
あなたの胃腸はしっかりと活動していますか?胃腸の調子を整えることがバストアップにもつながります。
新陳代謝アップがバストアップにも効果的だった!
テレビの健康番組などで「新陳代謝」というキーワードを見聞きすることがありますね。そんな新陳代謝をアップさせることがバストアップにも効果的ですよ。
バストアップのためにニワトリ級の早寝早起きを!
バストアップのためには質の良い睡眠を確保することが大事です。ニワトリ級の早寝早起きをすることをおすすめします。
メラトニンが女性ホルモン妨害!質の良い睡眠でバストアップ
朝なかなか目が覚めないという方はメラトニンというホルモン物質の分泌過剰かもしれません。質の良い睡眠を確保してバストアップを目指しましょう。
睡眠不足がバストアップに与える悪影響
あなたは毎日きっちり同じ時間に寝ていますか?睡眠不足がバストアップに与える悪影響について解説します。