炭水化物とバストアップの関係とは?

お米やスパゲティ、うどん、パン、イモなどは炭水化物がメインの食べ物です。最近は炭水化物だけを食べないダイエットなども流行っていますよね。ここでは炭水化物とバストアップの関係について解説します。

 

一言で炭水化物のことを説明すると、身体や脳のガソリンです。炭水化物を摂取すると、消化吸収されて血液中では糖になります。この糖が身体や脳を動かすエネルギー源になります。炭水化物を摂り過ぎると確かに太ってしまうのですが、私たちの身体には絶対に欠かせない栄養素ですね。

 

バストアップには直接的に炭水化物は関係がありません。「バストアップとダイエットを両立したい!」というのであれば、炭水化物を食べる量を減らすのが効果的です。たんぱく質や脂質はバストの構成要素ですし、女性ホルモンの材料になっています。ダイエットでたんぱく質や脂質が不足してしまうと、絶対にバストアップはできなくなってしまいます。

 

でもバストアップのために行うマッサージやエクササイズ・トレーニングのエネルギー源になっているのは炭水化物です。炭水化物が不足すると、イライラしたり、集中力が欠けたりもします。あまり知識のない状態で炭水化物を抜くというのは危険なのでおすすめしません。あくまでご飯の量をちょっと減らすくらいの意識がいいでしょう。

関連ページ

アルコール(お酒)とバストアップの関係とは?
あなたはお酒をよく飲みますか?アルコール(お酒)とバストアップの関係について解説します。