アルコール(お酒)とバストアップの関係とは?

ビール、日本酒、焼酎、ワイン、チューハイ、カクテル、果実酒などなど。最近ではお酒をたしなむ女性も増えたように思います。私も1カ月に1、2回くらいのペースで飲み会に参加しますし、ときどき自宅でもお酒を飲みます。ここではアルコール(お酒)とバストアップの関係について書いていきたいと思います。

 

まずはアルコール(お酒)を飲むことでバストアップにはどんないい影響があるのでしょうか?最大のメリットは血液循環を促してくれることです。あくまで少量のアルコールを摂取した場合の話ですが、血行が良くなります。血行が良くなると、バストにも酸素や栄養が届きやすくなるので、バストアップにいい影響を与えてくれますね。

 

また、ストレスを発散して、リラックスした気分にもしてくれます。ストレスが強いと女性ホルモンの分泌が阻害されます。そのため、バストアップにとってストレスは大敵!そこで嫌なことを一時的に忘れてリラックスするために、お酒を活用するのは良いことかもしれないですね。

 

ただ当たり前のことですが、アルコール(お酒)の摂取し過ぎは身体に害を与えます。当然バストアップにも悪影響がありますので、注意したいものですね。アルコール(お酒)を飲みすぎると、肝臓機能が低下します。そうすると、女性ホルモンの代謝をしているのも肝臓なので、女性ホルモンの活動が阻害されてしまいます。バストアップにも良くないと言えそうです。

 

ありきたりな結論ですが、付き合い方次第でバストアップにもメリット・デメリットの両方があるアルコール(お酒)。上手に付き合っていきたいですね。アルコール(お酒)とバストアップの関係でした。

関連ページ

炭水化物とバストアップの関係とは?
最近は炭水化物だけを食べないダイエットが流行っていますね。ここでは炭水化物とバストアップの関係について解説します。