紫外線対策でいつまでも若々しいバストをキープ!

あなたは毎日しっかりと日焼け止めを塗っていますか?知っているとは思いますが、日光には紫外線が含まれています。紫外線を長年にわたり受け続けると、しみやしわ、たるみなどお肌トラブルを引き起こします。それは顔や首などのわかりやすい部分だけでなく、バストだって同じこと。ここではバストアップと紫外線対策について書いていきますね。

 

そもそも紫外線とは何なのかというところから解説していきますね。紫外線は波長が10〜400nm、つまり可視光線より短く軟X線より長い腑可視光線の電磁波です。光のスペクトルが紫より外側なのでこの名前が付けられています。紫外線のことをよく「UV」と言いますが、これは英語の「Ultraviolet(ウルトラバイオレット)」から来ています。英語でも「紫を超えた」という語源なんですね。

 

紫外線はお肌の大敵です。強力な殺菌力で皮膚にダメージを蓄積してしまいます。長年紫外線を受け続けることで、しみやしわ、たるみなどのお肌トラブルを引き起こします。

 

年齢を重ねると、胸の形が崩れたり、垂れたりというトラブルが起きます。この原因の1つに紫外線があります。バスト周辺のお肌にハリや潤いがなくなることで、バストの形をキープできなくなるのです。そうならないためにも、今からバストも紫外線対策をする必要があります。

 

海やプールに行くときだけ胸に日焼け止めを塗ってもダメです。紫外線の一部は服を通り抜けてきますし、反射の関係でバスト周辺の皮膚にあたっていることもあります。バスト周辺の皮膚にも日焼け止めクリームなどを塗るようにしましょう。あとになってバストにトラブルが起きてからでは遅いんですね。紫外線対策でいつまでも若々しいバストをキープしましょう。

関連ページ

シャワーだけではダメ!湯船につかってバストアップ
あなたは毎日しっかりと湯船につかっていますか?バストアップのためにはシャワーで済ますのではなく、ゆっくりと半身浴をしたりするのが効果的です。
余計なことを考えないでバストケアに取り組む
バストアップではある一定の期間以上、マッサージやエクササイズを続ける必要があります。余計なことを考えずにバストケアに取り組みましょう。
バストアップしたい人はうつ伏せで寝るのはNG?
「バストアップしたい人はうつ伏せで寝るのはNG」ということをときどき聞きます。これは本当のことなのでしょうか?
バストアップの口コミを100%信じていはいけない理由
あなたがバストアップの口コミを真に受けていませんか?バストアップの口コミを100%信じていはいけない理由をお伝えします。
心の病とバストアップ
心の病とバストアップの関係について解説します。ちょっと心の状態に異常を感じたら、まずは病院に行くのがよいでしょう。
テレビを見ながらラクラクバストアップしよう!
気楽な気持ちで取り組んだほうがバストアップは上手くいきます。テレビを見ながらラクラクバストアップしましょう。
健康に悪影響=バストアップにも悪影響
バストアップの土台になっているのは健康なカラダです。健康に悪影響を与えることは、バストアップにも悪影響だという意識を持ちましょう。
タバコを吸っていると胸が大きくならない理由
タバコは健康に悪影響を与えるだけではなく、バストアップにもよくありません。タバコを吸っていると胸が大きくならない理由について解説します。
何歳までバストアップすることは可能なのか?
「何歳までバストアップすることは可能なのか?」という疑問に回答します。
女性ホルモンの活動促進にまさかの紫外線!?
紫外線はお肌の大敵です!でも適度に太陽光を浴びることはバストアップにとっても大事なことです。ちょっと紫外線に対するイメージが変わるかもしれません。